--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.30 札幌夜間動物病院
7月27日 月曜日 その日はお仕事の日だった。

CoCoもタロウもケージで良い子でお留守番をし、
お母さんは夕方 仕事の帰りに CoCoタロウのフードを買って帰った。

いつものように 使う分だけフードケースに移し、
残った分を小分けするまでの間 ガムテープで厳重に封をして
夕食の準備に取り掛かった。

ここまでは 何も変わらない いつもの事であった。

夜 お父さんが帰って来て タロウのお腹が
『パンパン』だと…。

私は 台所にいて全く気が付かなかった。(´Д`。)グスン

dc0729105(1)_20090730152347.jpg

分かりますか?

dc0729111(1)_20090730152348.jpg

慌てて フードの袋を見ると ガムテープが一部はがれ袋の口を噛んだ後が

しかし袋の折口はきちんと折らさったまま フードがこぼれた様子もなく

しかし、しかし タロウの腹 『パンパン』


急いで 噛んだ袋を持って、札幌夜間動物病院 へ。

レントゲンの結果 異物は無し。

異物があれば 吐きますからとの事。

しかし タロウの体重 12.5キロから13.5キロ

1キロも増えてる ェエェエェエェエ(゚Д゚ノ)ノエェエェエェエェ

レントゲンのタロウの胃袋 通常の3倍 
あばら骨に治まるくらいの大きさのはずが…。

吐きそうな様子も無いし、一晩様子を見てください。
朝5時までは診療してるので、何かあれば連絡下さいとのことだった。

札幌夜間動物病院では、翌日掛かり付けの病院へ持って行くようにと
レントゲンフィルムと症状、状態を書いた書類を頂きました。
翌日 掛かり付けの病院でも 分かっていたようなので
連絡もして頂いているようでした。



タロウ  家に帰って、水をがぶ飲みし

dc0729116(1)_20090730152348.jpg

翌日(火曜日) 朝の散歩で ウ○チを4回して

掛かり付けの病院で レントゲンを撮ると

胃袋の大きさが半分以下に(3倍の) 
そして先生 「この腸にあるのが全部 ウ○チですね~」

血液検査の結果 尿素窒素が若干高めなので
一時的なものか 数値が上がってくるか
明日もう一度 血液検査をしましょうと

尿素窒素の数値が高いと 脱水症状の兆候があるそうで
フードのドカ食いによるものかどうか、数値が下がらなければ
点滴の必要もあります。とのこと

今日は胃の粘膜を保護する薬と消化を助ける注射をしますので
ゆっくり散歩して なるべく ウ○チを出してあげるように  と

夕方の散歩に いつもは行かない夜の散歩

まぁ 出るわ出るわって ブツが (笑)

翌々日(水曜日)のタロウ

dc073005(1)_20090730152348.jpg

dc073001(1)_20090730152347.jpg
dc073002(1)_20090730152347.jpg

血液検査も 異常なし

体重も 元の12.5キロに戻り (o´д`o)=3


今日(木曜日)のタロウ

dc073015(1)_20090730160942.jpg

dc073016(1)_20090730160942.jpg

今回は 私の責任 いつもは やらないからと
手の届く所に 食べる物を置いておいた。 

飼い主の責任 肝に銘じて、今後このような事の無い様に(ΩДΩ)号泣



にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ  樽川行った時の記事と思って用意してたけど
         怒涛の三日間でした。(泣) タロウ (*_ _)人ゴメンナサイ
         次回 樽川編です。

スポンサーサイト

←削除・編集時に使います
Secret ←管理人だけに公開

TrackBackURL
→http://cocotarouhome.blog86.fc2.com/tb.php/84-80477da5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。